現在地 :  ホーム > お役立ち情報 > START事業(大学発新産業創出プログラム)

START事業(大学発新産業創出プログラム)

野村ホールディングス株式会社および野村證券株式会社は、平成25年度から文部科学省によるSTART事業(大学発新産業創出プログラム:平成27年度からJSTへ移管)の事業プロモーター機関として採択されています。
このプログラムでは、大学シーズを起点に研究開発・事業育成を進めて、グローバル市場を狙う事業化を目指します。
政府からの補助金だけではなく、民間の「事業プロモーター」が事業戦略面・知財戦略等をサポートし、事業化を共に進めていくという制度です。
有望な知財がございましたら、是非、応募をご検討ください。

大学発新産業創出プログラムとは

■大学発新産業創出プログラムでは、事業化ノウハウを持った人材(「事業プロモーター」)ユニットを活用し、大学等発ベンチャーの企業前段階から、研究開発・事業育成のための政府資金と民間の事業化ノウハウ等を組み合わせることにより、リスクは高いがポテンシャルの高い技術シーズに関して、事業戦略・知財戦略を構築しつつ、市場や出口を目指して事業化を目指します。これにより、大学・独立行政法人等の研究成果の社会還元を実現しつつ、持続的な仕組みとしての日本型イノベーションモデルの構築を目指します。

    • 1. 事業プロモーターユニットと研究者が一体となり、専門人材(起業家、知財人材等)
    •   を含めたチームを形成しつつ、技術シーズの事業化に最適な研究開発・事業化計画を
    •   策定します(事業化構想)
    • 2. チームによるプロジェクト管理を行いつつ、市場ニーズを踏まえ、マイルストンに
    •   よる研究開発・事業育成を行います(プレベンチャー)
    • 3. 企業価値の高い大学等発ベンチャーの創業と、プロジェクト実施を通じて民間資金の
    •   誘引を目指します(起業とリスクマネー獲得)
    • (出所:科学技術振興機構(JST) START事業パンフレットより抜粋)

START事業パンフレット
科学技術振興機構(JST)のSTART事業ホームページ(外部サイトへのリンク)

本資料は、ご参考のために野村證券株式会社が独自に作成したものです。 本資料に関する事項について貴法人が意思決定を行う場合には、事前に貴法人の弁護士、会計士、税理士等にご確認いただきますよう、お願い申し上げます。本資料は、新聞その他の情報メディアによる報道、民間調査機関等による各種刊行物、インターネットホームページ、有価証券報告書及びプレスリリース等の情報に基づいて作成しておりますが、野村證券株式会社はそれらの情報を、独自の検証を行うことなく、そのまま利用しており、その正確性及び完全性に関して責任を負うものではありません。また、本資料のいかなる部分も一切の権利は野村證券株式会社に属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようお願い致します。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.