現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○高温状態における金属板の諸特性の測定方法

○高温状態における金属板の諸特性の測定方法

整理番号 1102 特許状況 特許取得
概要 高温負荷状態における金属板の諸特性を簡単且つ短時間に測定する技術を開発しました。金属材料の高温状態での加工を精度良く行うためには材料の塑性変形特性の把握が必要ですが、従来は所要温度毎に材料を取換え、特性測定を繰返す操作が必要でした。本技術は、1枚の材料で一連の連続した試験で各温度における特性を測定し得る方法、及び装置を提供するものです。本技術によれば、複数の高温と高温から室温に戻した場合の変形抵抗値のデータを、連続した一度の試験で取得可能とし、この2種類のデータから、予定板金材料の最適加工温度を求めることができます。
引張り・圧縮試験機のオプション装置として製品化が可能で、ハイテン材等へも適用できます。
キーワード:金属板、温度における金属板の特性、測定
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 センサ・計測・検査





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.