現在地 :  ホーム > シーズを探す > 資源・環境・エネルギー > ○キノコからのアルコールの製造方法

○キノコからのアルコールの製造方法

整理番号 1101 特許状況 特許取得
概要 キノコグループに属するヒダナシタケ目の菌類を炭素源と培養することにより、アルコールを簡便に且つ高効率で製造する方法を提供します。
植物バイオマス資材からエタノールを製造する技術の開発は盛んですが、従来の技術は、糖化と発酵の2つの工程を別々に行う必要があり、菌類を用いて炭素源からの直接的アルコール生産は困難です。
本技術は、キノコ菌糸体を糖類からなる培地で生育させることで、エタノールを効率良く生産する技術です。即ち、ミミナミハタケの種菌を木質バイオマスに接種・培養し、ミミナミハタケにより炭素源を糖化することで、糖化された炭素源をミミナミハタケにより発酵し、単一のプロセスでアルコールを生成できます。本技術によれば、植物バイオマス資源等に由来する炭素源からアルコールを高効率的に製造することが可能で、バイオ燃料製造の生産性を向上させることを実現できます。
キーワード:アルコール製造、エタノール、炭素源、ミミナミハタケ
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 資源・環境・エネルギー





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.