現在地 :  ホーム > シーズを探す > 医療デバイス・医療機器 > ○舌の切除部保護部材

○舌の切除部保護部材

整理番号 1089 特許状況 特許取得
概要 口腔底癌を切除した場合に、切除部を保護するとともに、唾液を排出可能とし、注射器処置による患者の恐怖・ストレス・負担を低減できる切除部保護部材を提供します。口腔底癌患者の口腔底癌を外科的処置により切除した場合、切除部を保護するために、切除部保護部材を切除部の周辺組織に縫合し、一般に注射器を用いて、切除部保護部材の下方の切除部内に溜まっている唾液を排出する処置が行われているために、患者に恐怖心が生じたり、恐怖心から心因性ストレスが生じたりする問題があります。
本技術は、従来の問題に鑑み、切除部に溜まる唾液を、注射器を用いることなく、切除部外に排出することができますので、患者に、恐怖心や、それに伴う心因性ストレスを与えることが無く、また、切除部保護部材の下方に、組織の再生が生じても、そのような再生組織が、切除部の上面開口部を覆う必要がない切除部保護部材を開発したものです。
キーワード:口腔底癌、切除部保護、唾液排出、注射器、ストレス
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 医療デバイス・医療機器





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.