現在地 :  ホーム > シーズを探す > 有機材料(石油化学・樹脂・繊維ほか) > ○化学合成によらずに得ることができ、しかも十分な界面活性能を有する界面活性剤、及び界面活性剤の製造方法

○化学合成によらずに得ることができ、しかも十分な界面活性能を有する界面活性剤、及び界面活性剤の製造方法

整理番号 2260 特許状況 特許公開
概要 コーヒー豆から抽出された多糖類を含み、その多糖類の構成単糖としてガラクトースとマンノースとを有することを特徴とする界面活性剤、及びその製造方法を提供します。従来、界面活性剤としては、様々なものが知られており、例えば、疎水基と親水基とを有し、疎水基がラウリル基であり且つ親水基がヒドロキシ基であるものが知られていますが、これらの界面活性剤は副反応物も生じる化学合成によって、疎水基になる脂肪酸などと親水基を含む物質とを反応させて得るものであることから、副反応物によって必ずしも十分な界面活性能が発揮されない問題を有します。
本技術は、化学合成によらずとも得ることができ、しかも十分な界面活性能を有する界面活性剤、及びその製造方法を提供するもので、これから得られる界面活性剤は、例えば、加工食料、化粧料などの分野において、乳化、分散、可溶化などの目的に好適なものです。
キーワード:ガラクトース、マンノース、界面活性剤
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 アグリ(農林)・水産・食品、有機材料(石油化学・樹脂・繊維ほか)





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.