現在地 :  ホーム > シーズを探す > 医療デバイス・医療機器 > ○フェニルケトン尿症患者の診断や食品中のアミノ酸成分を高精度且つ短時間に検出するシステム

○フェニルケトン尿症患者の診断や食品中のアミノ酸成分を高精度且つ短時間に検出するシステム

整理番号 2144 特許状況 特許取得
概要 フェニルケトン尿症患者の血液、尿、唾液等のフェニルアラニン濃度、或いは食品中のフェニルアラニン濃度を高精度且つ短時間に測定できるバイオセンサを開発しました。フェニルアラニンは必須アミノ酸の1つで、体内で合成できないため、食品中から摂取します。先天性代謝異常症であるフェニルケトン尿症(PKU)の診断をはじめ、臨床化学,生化学,食品化学分野におけるフェニルアラニン測定の意義は大きいものですが、これまで開発されたフェニルアラニン定量法は、定量精度が低く、試料の処理方法が煩雑で且つ分析時間が30分以上と長時間を必要とします。
本技術は、これらの従来の問題を解決するもので、フェニルアラニンの検出限界濃度が低く、短時間に分析測定できるとともに繰り返し使用も可能なバイオセンサ技術です。
キーワード:フェニルアラニン濃度検出、フェニルケトン尿症、バイオセンサ
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 医療デバイス・医療機器、アグリ(農林)・水産・食品





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.