現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○比較的少量の摂取で、好適な抗肥満作用のある抗肥満剤技術

○比較的少量の摂取で、好適な抗肥満作用のある抗肥満剤技術

整理番号 1040 特許状況 特許公開
概要 比較的少量の摂取で、抗肥満作用と内臓脂肪の蓄積抑制作用を有する新規な化合物を提供します。近年、食生活の欧米化に伴い高カロリーな飲食物を摂取する機会が増え、摂取エネルギー量が消費エネルギー量を上回り肥満の原因となっています。
なかでも内臓型肥満がメタボリックシンドローム等の生活習慣病の一因となっており、早急な対策が求められています。 現在、実用的な抗肥満剤として、例えば植物由来の組成物を成分とするものなどがありますが、実際には多量の組成物を飲食物に配合することから、効果的ではありませんでした。
本技術はこれに応えるもので、下記の一般式にある特定の新規なフタリド誘導体化合物が、比較的少量の摂取で、抗肥満作用と内臓脂肪の蓄積抑制作用を有することを見出したことによるもので、有用と考えています。
下記一般式(1):
1040
(一般式(1)中、R1は炭素数1~3のアルコキシ基を示す)で表されるフタリド誘導体。
キーワード:抗肥満剤、皮下脂肪型肥満、内臓型肥満、メタボリックシンドローム、フタリド誘導体
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 バイオ・医薬、ヘルスケア(介護/健康)・生活





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.