現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○簡易な構成で、経済的で、環境にやさしくかつ食品安全性の懸念がない栽培植物の着果・生育促進方法、及び着果・生育促進装置

○簡易な構成で、経済的で、環境にやさしくかつ食品安全性の懸念がない栽培植物の着果・生育促進方法、及び着果・生育促進装置

整理番号 2114 特許状況 特許取得
概要 食の安全と多様性を維持するためには、園芸作物の周年栽培技術の確立が急務とされています。これを実現するためには、植物が受ける様々なストレスの中でとくに高温ストレスの制御が必須で、そのためには多大なエネルギー消費を解消する必要があります。高温ストレスの対処方法として、温室などの栽培施設全体の空調管理や、植物ホルモン処理、遺伝子操作による作種、など様々な手法が検討されていますが、経済性、環境、食品安全性で課題があります。
本技術は、植物の高温ストレス応答の研究を通じて、
①トマトの着果促進には高温ストレス感受性が最も高い発達段階に冷却空気を送ること、②蕾を取り巻く気温を生育適温まで低下させること、
が極めて高い効果があることを見出したことにより、開発しました。
雄しベを含む発達途中の蕾だけを効果的に生育適温まで冷却する本技術は、極めて簡単な構成で栽培植物の着果性を高め、経済的で、環境への負荷もなく、食品安全性も確保された極めて実用的な栽培植物の着果促進方法、及び着果促進装置として提供できます。なお、トマトが属するナス科は着果特性もトマトと似ていることから、これにも応用可能と考えています。
キーワード:簡易な構成、経済的で環境にやさしい、食品安全性、栽培植物の着果・生育促進方法、着果・生育促進装置
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 アグリ(農林)・水産・食品





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.