現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○遺伝子発現の確認等に有用な小分子RNAの検出方法および小分子RNA検出用試薬

○遺伝子発現の確認等に有用な小分子RNAの検出方法および小分子RNA検出用試薬

整理番号 1131 特許状況 特許公開
概要 多様な遺伝子全般の細胞機能研究において、対象とする組織や細胞の中で、遺伝子発現の確認等に有用な小分子RNAを容易に検出する方法、及び小分子RNA検出用の試薬を提供します。
本技術は、対象遺伝子のヌクレオチド配列の全長、またはその一部を含む二重鎖RNAを合成し、当該二重鎖RNAをRNaseにて消化して断片化し、得られた消化断片をプローブとして用いることによって、小分子RNAをノザンブロットで容易に検出できることを見出したことによります。そして、当該小分子RNAの検出用試薬も創出しました。主な特徴は、
①プローブは対象とする遺伝子領域をまんべんなく含む、
②核酸の酸処理のような高度な処理技術を必要とせず一般的な操作で検出できる、
③小分子RNAを正確に再現性よく、かつ高感度に検出可能である、などです。
本技術により、従来検出が困難であった小分子RNAを正確に、再現性よく、かつ高感度で検出可能となりましたので、RNAi法を応用した医療技術などにおける効果確認、実験手法として極めて有用です。
キーワード:小分子RNA、二重鎖RNA、RNase、ノザンブロット
注)
1)RNase(リボヌクレアーゼ):リボ核酸を分解してオリゴヌクレオチドあるいはモノヌクレオチドにする反応を触媒する酵素のことです。
2)ノザンブロット:RNAを検出する方法で、DNAを検出するサザンブロッティングと同様な原理によることから名づけられています。抽出したRNAを電気泳動によって展開し、メンブレンに転写した後、標識した核酸プローブを用いて検出を行います。
1131
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 バイオ・医薬





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.