現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○オオムギの重要形質に関与する遺伝子の同定及び育種への応用

○オオムギの重要形質に関与する遺伝子の同定及び育種への応用

整理番号 1994 特許状況 特許取得
概要 オオムギに由来するアルミニウム耐性に関与する遺伝子の同定、及びその遺伝子の利用方法を提供します。植物の生育阻害は、アルミニウム毒性によって引き起こされますが、問題となる酸性土壌は、世界の耕地面積の約4割を占めています。アルミニウムイオンは、低濃度(数μM)でも、すばやく根の伸張阻害を引き起こし、根からの養水分の吸収を阻害し、植物が様々なストレスに弱くなり、酸性土壌での植物の生産性は非常に低くなります。アルミニウムによる生育阻害は、植物の種類によっても異なり、イネ、ライ麦>コムギ>オオムギの順となり、オオムギはアルミニウム耐性の低い植物種です。
本技術は、オオムギのアルミニウム耐性品種である「むらさきもち」と、アルミニウム感受性品種である「Morexs」との交配によって得られたF4集団個体を用いて、アルミニウム耐性に関与する遺伝子(HvMATE遺伝子)を同定し、新規遺伝子としてその配列を特定しました。
本技術にかかるポリヌクレオチドによれば、アルミニウム耐性に関与するポリペプチドを産生することによってアルミニウム耐性を付与できるため、アルミニウムによる生育阻害を低減できます。
キーワード:オオムギに由来するアルミニウム耐性、遺伝子の同定、遺伝子の利用、アルミニウムによる生育阻害の低減
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 バイオ・医薬、アグリ(農林)・水産・食品





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.