現在地 :  ホーム > シーズを探す > 機械・プラント・生産ライン > ○船底や船腹の清掃作業工程の自動化や清掃コストの削減、及び水中ロボットによる船底表面等の水中観測が可能な技術

○船底や船腹の清掃作業工程の自動化や清掃コストの削減、及び水中ロボットによる船底表面等の水中観測が可能な技術

整理番号 1874 特許状況 特許取得
概要 船底や船腹の清掃作業工程の自動化や清掃コストの削減、及び水中ロボットによる船底表面等の水中観測が可能な技術を提供します。
従来、船底や船腹の表面の清掃及び検査は、主にダイバーによる水中作業、或いはドッグ入りした時に陸上で行われていますが、ダイバーによる清掃は、危険を伴う作業であり、コストも高い問題があります。
本技術は、水中ロボット導入により部分的な清掃作業工程の自動化を実現して、船底や船腹表面の清掃のコスト削減を図るだけでなく、水中ロボットによる船底等の水中観測を可能にするものです。
本技術による水中清掃装置は、装置本体を前後、左右に移動させるスラスタを備え、水中を移動可能で水中の壁面に付着した付着物を除去します。この水中移動装置は、装置本体を移動可能にする車輪と、円筒カバーと、スラスタの働きをさせるプロペラ及び清掃用ブラシを同軸に配置したスラスタ兼ブラシとを備えています。
本水中ロボット導入により作業工程の自動化と清掃コストを削減できます。
キーワード: 船底や船腹の清掃作業、水中ロボット、船底表面等の水中観測
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 ロボット、機械・プラント・生産ライン





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.