現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○目的とする組換え体を高効率で取得可能な新規な遺伝子導入法

○目的とする組換え体を高効率で取得可能な新規な遺伝子導入法

整理番号 1028 特許状況 特許公開
概要 目的とする組換え体を高効率で取得可能な新規なエレクトロポレーション技術を提供します。従来、宿主細胞に対して外来遺伝子を導入する場合、カルシウム処理法,
遺伝子注入(トランスフェクション)法,パーティクルガン法等の様々な技術が知られていますが、簡便かつ効率の良い方法として、エレクトロポレーション法(電気穿孔法)があります。
エレクトロポレーション法は、遺伝子と宿主細胞とを懸濁させた媒体にパルス電圧を作用させ、電圧作用時に宿主細胞の細胞膜に小孔を生じさせ、それが修復される間に宿主細胞外の遺伝子を宿主内に取り込ませる遺伝子導入法です。
従来のエレクトロポレーション技術では、媒体として塩溶液や緩衝液を用いることから、目的とする組換え体を高効率に取得できませんでしたが、本技術は、媒体を低分子非電解質、好ましくは低分子の糖類の所定濃度の溶液とすることで媒体の無塩化と浸透圧調節を同時に出来ることから欠点を解決しています。
遺伝子組換え研究用ツールとして活用できます。
キーワード:遺伝子導入法、組み替え体、エレクトロポレーション技術、無塩化、浸透圧調節
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 バイオ・医薬





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.