現在地 :  ホーム > シーズを探す > 機械・プラント・生産ライン > ○光ファイバを用いた構造物の変位計測

○光ファイバを用いた構造物の変位計測

整理番号 1027 特許状況 特許公開
概要 コンクリートや鉄鋼構造物などの構造物に光ファイバを設置して、構造物の変位を計測する装置、及び方法を提供します。従来の光ファイバ計測技術は、計測対象にセンサを設置する前にあらかじめ水平方向と鉛直方向の内空変位との間の関係を求める必要があり、設計段階において算出変位の見積もりやシミュレーションができず、小径のトンネルや管への適用も困難でした。
本技術は、光ファイバの設置毎に事前に試験を行う必要がなく、不均一なひずみを有する変位であっても、正確に変位を計測可能な光ファイバ構造物変位計測装置及びその計測方法です。即ち、光ファイバーをトンネル等構造物の注目領域に敷設すれば、構造物と一体に光ファイバイーが変形すると、変形に伴う応力が発生し、光の周波数が変化し、この周波数(パワースペクトル)分布から構造物の変形を計測しますので、事前に試験を行う必要がなく、不均一なひずみを有する変位であっても、正確に計測できます。
本技術は新しい有望な計測技術として、土木や構造物の劣化診断、防犯装置などに幅広く適用可能です。
キーワード:光ファイバ、構造物変位、計測装置、内空変位、周波数(パワースペクトル)分布、劣化診断、防犯装置
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 機械・プラント・生産ライン、土木・建築、センサ・計測・検査





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.