現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○酢酸菌によるアミノ脂質の量産方法

○酢酸菌によるアミノ脂質の量産方法

整理番号 1784 特許状況 特許取得
概要 酢酸菌の細胞膜中に存在するアミノ脂質を、簡便且つ高効率で製造できる工業的技術を提供します。アミノ脂質を用いたリポソームは酸性下で安定になり、凍結耐性も向上させるために、簡便且つ安価な量産が望まれています。
酢酸菌の膜成分にはアミノ脂質であるオルニチン脂質及びタウロオルニチン脂質が存在することが確認されましたが、従来の生産培養条件では、微量のアミノ脂質しか得られないのが現状です。
本技術は、生産培養時にアスパラギン酸を添加することによって、脂質1g当たりのアミノ基の脂質含量を従来と比べ2倍に増大させるもので、酢酸菌によるアミノ脂質の量産を、簡便、且つ低コストで向上させることができます。
DDS剤への応用や化粧品素材への応用が考えられます。
キーワード:酢酸菌、アミノ脂質、簡便・高効率、工業的製造技術、アスパラギン酸
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 ヘルスケア(介護/健康)・生活、アグリ(農林)・水産・食品





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.