現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○蕎麦殻からの抗糖尿病・抗高血糖・抗肥満作用を有するエキス

○蕎麦殻からの抗糖尿病・抗高血糖・抗肥満作用を有するエキス

整理番号 1781 特許状況 特許取得
概要 優れた抗糖尿病、抗高血糖、抗肥満作用を有する蕎麦殻エキス技術を提供します。
デンプン等の炭水化物は、消化酵素(α-アミラーゼ、グルコシダーゼ等)によって分解され、エネルギー源である血糖になります。
近年の食生活は炭水化物を多く摂取し過ぎる傾向にあり、糖尿病・高血糖・肥満等の症状を抑制するために、デンプン分解酵素阻害活性を有する合成品や天然物由来のエキスが注目されていますが、従来のデンプン分解阻害剤は効果が不十分で、原料が限られているため製造量が少なく、製造に時間とコストがかかる問題があります。
本技術は、効果の優れたデンプン分解阻害剤を提供するもので、蕎麦殻を水又は有機溶媒或いはそれらの混合物で抽出することにより、デンプン分解酵素阻害活性の高いエキスが得ることが出来ます。
これによれば、大量に原料を入手でき製造も簡単です。抗糖尿病、抗高血糖、抗肥満医薬や機能性食品の分野に広く利用することができます。
キーワード:消化酵素、α-アミラーゼ阻害剤、グルコシダーゼ阻害剤、蕎麦殻エキス、抗糖尿病・高血糖・肥満、デンプン分解酵素阻害
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 バイオ・医薬、ヘルスケア(介護/健康)・生活





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.