現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○真空状態でなくとも可視化を実現できる、小型でかつ簡易な物体の可視化センサ

○真空状態でなくとも可視化を実現できる、小型でかつ簡易な物体の可視化センサ

整理番号 1636 特許状況 特許取得
概要 空気中や水中で使用可能な小型でかつ簡易な物体の可視化センサを提供します。従来の走査電子顕微鏡や走査型プローブ顕微鏡は、真空環境や大規模で複雑な構成が必要で、また、走査型静電容量顕微鏡は、小型化、集積化が困難です。また、静電容量式変位センサは、高精度化できず、回路規模も大きくなる問題がありました。
本技術は、このような問題を解決する可視化センサで、楽器の「テルミン」の動作原理に基づいています。即ち、発振器を用いて、物体とプローブアレイのアンテナ電極との間の静電容量に応じた周波数で発振させ、その周波数に基づいて距離を算出し、物体の形状を画像化するものです。
これにより、
①真空状態を必要とすることなく、
②小型でかつ簡易な構成により物体を可視化し、
③高感度化、及び高精度化し高解像度化を実現します。
このため、指紋センサや微粒子カウンタ、光学系不要な顕微鏡としての利用が期待できます。
キーワード:可視化センサ、小型で簡易、指紋センサ、微粒子カウンタ、簡易顕微鏡
注)「テルミン」:楽器に設けられた2つのアンテナを手で遮ることによってアンテナと手との間の静電容量を変化させ、発生楽音の音程及び音量を変化させるものです。即ち、静電容量が、アンテナと手との間の距離に反比例することから、静電容量に応じた周波数の信号を発振させ、その発振周波数を音程及び音声に変換するものです。
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 ロボット、センサ・計測・検査





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.