現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○従来の金メッキ樹脂粒子より機械的耐性が向上し、金微粒子と同等に使用できる、極めて安価に製造可能な、分析・分離に使用可能な捕獲用のマイクロビーズ

○従来の金メッキ樹脂粒子より機械的耐性が向上し、金微粒子と同等に使用できる、極めて安価に製造可能な、分析・分離に使用可能な捕獲用のマイクロビーズ

整理番号 1510 特許状況 特許公開
概要 安価で、遠心分離などに対する機械的耐性が向上した分析・分離に使用可能な捕獲、または分離用マイクロビーズを提供します。現在、マイクロサイズの樹脂ビーズは、分析・分離の用途に多用されていますが、そのほとんどは樹脂表面をカルボキシル基やアミノ基などで官能化したもので、多段階の化学反応を経由して導入する必要があり、リガンドの導入効率や導入密度において問題があります。
また、金微粒子も使用できますが、金表面へのリガンドの結合は、リガンドのチオール化により単一工程で可能な利点はありますが、金微粒子自体が極めて高価なものです。また、粒子表面を金メッキしたマイクロビーズもありますが、ニッケルの下地メッキを有するためメッキ層が剛直で、分析・分離等に多用される遠心分離によりメッキ層の剥離が起こり、本分野で使用することは困難です。
本技術による捕獲、または分離用マイクロビーズは、リガンド導入の大幅な単純化、高効率化、高密度化、低コスト化が可能で、従来の金メッキ樹脂粒子より機械的耐性が向上し、金微粒子と同等に使用できる一方、金微粒子より極めて安価に製造できます。
キーワード:マイクロビーズ、リガンド、チオール化、金メッキ樹脂粒子
注)リガンド:少なくとも特定の条件下において、互いに特異的に結合する一対の物質(「特異結合対」)の一方をいい、「特異結合パートナー」ともいいます。
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 ナノテク関連(ナノカーボンほか)





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.