現在地 :  ホーム > シーズを探す > 医療デバイス・医療機器 > ○多様な電波の生体影響試験用動物全身曝露装置

○多様な電波の生体影響試験用動物全身曝露装置

整理番号 1429 特許状況 特許取得
概要 多様な電波に曝露することが可能な動物の全身曝露装置を提供します。
近年の携帯電話や無線LANの爆発的な普及に伴い、基地局が急増し電波が引き起こすであろう人体影響への関心が高まっています。世界保健機関 (WHO) は、微弱電波による人体影響の科学的な根拠はないとしながらも、更なる研究と長期的な電波曝露に対する動物実験の必要性を指摘しています。
従来の曝露装置内は、一定方向の偏波面をもつ電波にしか動物を曝露できず、基地局からヒトが受ける電波を模擬するものではなく、正しく模擬する動物の全身曝露装置の必要性が指摘されていました。
本技術は、従来の問題点を解決したもので、即ち、3/2波長ダイポールアンテナを2本水平に直交配置する直交ダイポール構造で、直交アンテナ間の位相差を90°とする曝露用アンテナを曝露箱内に配し、曝露用アンテナにより円偏波の電波を形成するなどして、これに動物を曝露することを特徴としています。
曝露箱内の電界分布の均一性が最適であり、ばらつきの小さい全身曝露ができます。
キーワード:生体影響試験用、動物全身曝露装置、電界分布の均一性
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 医療デバイス・医療機器、センサ・計測・検査





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.