現在地 :  ホーム > シーズを探す > 有機材料(石油化学・樹脂・繊維ほか) > ○回収、再利用可能なポリスチレン樹脂に担持させたポリエステル合成用触媒

○回収、再利用可能なポリスチレン樹脂に担持させたポリエステル合成用触媒

整理番号 1398 特許状況 特許取得
概要 回収、再利用できるポリスチレン樹脂に担持させたポリエステル合成用触媒を提供します。従来、ポリエステルの合成にはジカルボン酸とジオールまたはヒドロキシカルボン酸の直接重合法が採用されていますが、高温でエステル化反応をさせるのが一般的で、脂肪族のポリエステルの場合は、耐熱性に劣り、熱分解してしまうこともあります。また、ほとんどのルイス酸触媒は、水をはじめとするプロトン性の化合物に対する安定性が非常に低い問題がありました。
これらの問題を解決できる本技術は、希土類トリフラートをポリスチレン樹脂に担持させたものを触媒として用いてジカルボン酸とジオールとの重縮合を行うというものです。本技術の触媒は、安定性が高く、低温において高分子量のポリエステルを合成できます。120℃の塊状重合で高分子量と目される分子量1万2千のポリエステルを得ることができます。
さらに触媒成分の希土類金属は高価であるため、その回収・再利用に課題が残されていましたが、本触媒は、ポリスチレン樹脂に担時されており、重縮合後にテトラヒドロフランにポリエステルを溶解させ、濾過するだけで触媒が回収できます。
キーワード:ポリエステル合成用触媒、ポリスチレン樹脂に担持、安定性、低温重合、高分子量ポリエステル合成、触媒回収
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 有機材料(石油化学・樹脂・繊維ほか)





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.