現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○マラリア原虫遺伝子組み換えの開発に有用な人工染色体

○マラリア原虫遺伝子組み換えの開発に有用な人工染色体

整理番号 1003 特許状況 特許公開
概要 熱帯熱マラリア原虫およびネズミマラリア原虫の、迅速かつ簡便な遺伝子組み換え法の開発に有用な、原虫の人工染色体を安定に維持できる技術を提供します。マラリアは年間約3億人の感染者と約100万人の死者を出し、HIV、結核と並ぶ世界3大感染症の一つです。従来の薬剤による治療では、原虫由来の薬剤耐性遺伝子は薬剤耐性原虫と感受性原虫間で子孫原虫を作製していますが、多大な労力と時間を要し、また実験従事者が感染する危険性もあります。
本技術は、熱帯熱マラリア原虫およびネズミマラリア原虫の染色体からセントロメア領域を同定し、セントロメア領域のヌクレオチド配列をプラスミドに組み込んで、マラリア原虫に適用可能な人工染色体を作製するものです。これにより、
①組換え原虫を獲得するまでの期間が短縮され、
②娘細胞への分配効率が上昇することから、
遺伝子導入後の人工染色体の保持率が向上します。
WHO並びにフィールドの医師・研究者が必要とする薬剤耐性遺伝子を分子マーカーとする診断法に有用です。
キーワード:マラリア、マラリア原虫、人工染色体、セントロメア領域、分子マーカー
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 バイオ・医薬





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.