現在地 :  ホーム > シーズを探す > 土木・建築 > ○自然放射線を利用した石綿の高感度非破壊検知手法

○自然放射線を利用した石綿の高感度非破壊検知手法

整理番号 1371 特許状況 特許取得
概要 石綿中の自然放射能に注目し、これを測定することで石綿の非破壊、遠隔検出可能な検知装置を提供します。石綿(アスベスト)は従来、建材等様々な用途で大量に使用されましたが、近年、石綿による健康被害の問題があるため、石綿の使用、又は製造が禁止されました。古い建物には建設時の石綿が残っている可能性があるため、その検出が必要ですが、通常の石綿検知法の、光学顕微鏡法、或いはX線回折法は破壊的なサンプリング検査で、検出した時点ではすでにアスベストは飛散しています。
本技術はこれらの問題を解決するもので、石綿中にある放射性物質からの放射線量を利用し、放射線計測によって、石綿の存在を非破壊、高感度的に検出するものです。遠隔で測定できることから、材料に含まれている状態で検査可能で、飛散する前に検査することを可能としました。
キーワード:石綿(アスベスト)、非破壊検出、遠隔検出、放射線量、古い建物
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 土木・建築、センサ・計測・検査





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.