現在地 :  ホーム > シーズを探す > 無機材料(セラミクス・金属ほか) > ○優れた耐酸化性、耐食性及び耐摩耗を有するニッケル合金、圧延箔等の製造方法

○優れた耐酸化性、耐食性及び耐摩耗を有するニッケル合金、圧延箔等の製造方法

整理番号 1367 特許状況 特許取得
概要 優れた耐酸化性、耐食性及び耐摩耗を有するニッケル合金を提供します。
Ni3(Si,Ti)系金属間化合物(ニッケル合金)は、高温強度に優れますが、耐食性・耐酸化性が劣り、且つ脆いため、従来技術では多結晶鋳塊から圧延加工等の塑性加工によって部材を製造することは困難でした。
本技術は、従来の難点を克服すべく、汎用多結晶鋳塊を出発材料として、既存の製造装置によりNi3(Si,Ti)金属間化合物の冷間圧延箔の作製に成功したものです。
即ち、Ni3(Si,Ti)金属間化合物の組成として、Si:7.5~12.5原子%、Ti:3.5~8.5原子%、Nb:0.5~3原子%、Cr:0.5~3原子%、残部はNiからなる組成の合計重量に対してB:25~500重量ppmを含むものです。
新技術によれば、高い高温強度特性を維持しつつ、既存のニッケル合金やステンレス鋼と同等以上の優れた耐食性,耐酸化性及び耐摩耗が得られ、箔を含む所望の形状に加工することが容易になりました。高温化学反応容器・装置、耐熱・耐食環境用各種機械用素材、耐環境用耐摩耗材料、自動車・航空機用構造材料、水素製造用触媒/燃料電池用水素改質器、その他、ニッケル合金・ステンレス・コバルト合金の代替材料として広範囲な用途が想定されます。
キーワード:Ni3(Si,Ti)系金属間化合物、ニッケル合金、耐酸化性、耐食性、圧延箔の製造
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 無機材料(セラミクス・金属ほか)





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.