現在地 :  ホーム > シーズを探す > 医療デバイス・医療機器 > ○新たな超音波測定による体内脂肪分布の非侵襲検出装置

○新たな超音波測定による体内脂肪分布の非侵襲検出装置

整理番号 1362 特許状況 特許取得
概要 超音波速度変化を算出する新しい方式を利用して、簡単、且つ高精度で体内脂肪組織を検出する装置を提供します。内臓脂肪型肥満が原因のメタボリック症候群、又は乳癌の診断は、組織が脂肪か否かを簡単に検出できれば判定できます。X線CT装置は迅速に脂肪を検出できますが、被検者に対する放射線被爆の問題が生じます。
一方、安全な超音波を利用した従来の計測技術は、超音波の透過信号による伝播速度の差を利用して測定するため、測定領域に対する超音波の送波器及び受波器を全周に配置して、多方向から測定する必要があり、また、測定後の解析についてもCTアルゴリズムを用いた演算処理が必要で複雑になります。
本技術は、従来の問題を解決するもので、水分が多く含まれる内臓は温度が上がると超音波速度が速くなる反面、脂肪部分では超音波速度が減少する特徴を利用して、脂肪領域の検出を行うものです。透過型超音波装置ではないため、装置が簡単になり、且つ被検体の負担を軽減できます。
キーワード:体内脂肪組織、温度変化による超音波速度の変化、反射型の超音波測定、CTアルゴリズム、透過型超音波装置
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 医療デバイス・医療機器、センサ・計測・検査





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.