現在地 :  ホーム > シーズを探す > 有機材料(石油化学・樹脂・繊維ほか) > ○フッ素化誘導改質による樹脂上への高密着めっき実現

○フッ素化誘導改質による樹脂上への高密着めっき実現

整理番号 1333 特許状況 特許公開
概要 めっき皮膜、塗料、接着剤等に対する密着性に優れた表面状態を有するポリオレフィン系樹脂基材を容易に製造する方法を提供します。無電解めっきは、プラスチック等の絶縁材料や複雑な形状の部品へ金属メッキを施す方法で、めっき基材用樹脂材料の表面に撥水性又は親水性を付与する改質方法として、フッ素ガスと不活性ガス又は酸素ガスを含むガスによる処理が一般的ですが、それらの技術はめっき皮膜等との密着性に劣ることがあります。
本技術は、低活量フッ素ガスを用いて樹脂材料の表面を化学的に改質すると同時にポスト化学処理を組み合わせて微細な凹凸を作製するものです。
めっき皮膜の密着性をトータルに改善するもので、自動車部品製造に適用することで量産、コスト低減のメリットが大きいと考えられます。
キーワード:めっき皮膜、フッ素ガス、高密着めっき、フッ素化誘導改質、ポリオレフィン系樹脂基材
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します
分野 有機材料(石油化学・樹脂・繊維ほか)





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.