現在地 :  ホーム > シーズを探す > 医療デバイス・医療機器 > ○血管壁組織性状を判別できる超音波診断装置

○血管壁組織性状を判別できる超音波診断装置

整理番号 1323 特許状況 特許取得
概要 血管壁組織性状が、冠動脈疾患を引き起こす可能性の高い脂質性状か線維性状かを判別できる超音波診断装置を提供します。冠動脈疾患の診断には、冠動脈内に堆積した脂質物質(プラーク)がどのような組織性状のものかを判別する必要がありますが、従来の検査手法では、管状器官内面の検査において重要となる組織の質的な性状については判別できません。またプラークに超音波を当てると、線維性状か脂質性状かで反射超音波の強度が異なる角度依存性を持つことが知られていますが、今までこの性質を利用したプラークの組織性状を判別する方法はありませんでした。
本超音波診断装置では、カテーテルの超音波端子で超音波信号の送受信をし、得られた血管の断面画像に信号処理部で特殊な画像処理を施すことで、血管内壁で反射される超音波の角度依存性を測定でき、従って、プラークの組織性状を判別することができます。
キーワード:血管壁組織性状、冠動脈疾患、管状器官、プラークの組織性状、超音波診断装置
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 医療デバイス・医療機器、センサ・計測・検査





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.