現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○肝細胞癌の診断において有用なマーカー

○肝細胞癌の診断において有用なマーカー

整理番号 1318 特許状況 特許取得
概要 肝癌患者の血清中の抗HHM-IgG抗体の陽性率に着目し、血清中のその濃度を測定することにより、肝癌のスクリーニング、及び進行度のマーカーとして利用できる技術を提供します。HHM(human homologue of maid)は型転写制御分子であり、細胞の発生分化に重要な役割を担い、肝発癌のイニシエーションにも関与しています。しかし、HHM蛋白自体は細胞の核で働く転写制御分子であり、血清中のHHM蛋白自体は測定できないため、臨床的な腫瘍マーカーとして使用できませんでした。
本技術は、従来の問題点を解決するため、新たにGST-HHM融合蛋白を抗原とし、患者血清中の抗HHM-IgGを測定することで、肝癌のスクリーニング、及び進行度のマーカーとしての利用が可能となり、測定結果の信頼性を向上させることもできます。
キーワード:抗HHM-IgG抗体、肝細胞癌、マーカー、肝癌のスクリーニング
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 バイオ・医薬





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.