現在地 :  ホーム > シーズを探す > 医療デバイス・医療機器 > ○関節鏡視下手術に適用できる超音波内視鏡

○関節鏡視下手術に適用できる超音波内視鏡

整理番号 1317 特許状況 特許取得
概要 関節腔内超音波照射角度が自由に調整できる超音波内視鏡、及びその測定方法を提供します。従来、超音波の照射角度を変更できる関節内超音波内視鏡は、測定対象物に対する超音波の照射位置が明確ではなく、また可動部分がないため、測定可能部位がごく限られた領域のみに留まる問題がありました。
本技術による関節内超音波内視鏡は、超音波を送受信する超音波探触子が内部に固定されている先端部位を水平状態から垂直状態間を傾転自在とすることにより、関節内超音波内視鏡を手元で操作しながらあまり大きく動かすことなく、超音波の照射角度が関節軟骨表面に常に垂直に照射するように自由に変更することができます。硬い構造をしていながら超音波探触子が関節腔内の周囲組織に接触せず、精度の良い測定が簡単にできます。
キーワード:関節鏡、超音波内視鏡、関節軟骨、垂直照射
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 医療デバイス・医療機器





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.