現在地 :  ホーム > シーズを探す > 土木・建築 > ○耐震強度が大きい木造耐力壁とその固定方法

○耐震強度が大きい木造耐力壁とその固定方法

整理番号 1291 特許状況 特許取得
概要 一般木造住宅、幼稚園や保育園等の園舎の木造化に利用でき、耐震性に優れた木造建築用二重落し込み板パネル、及び長ホゾ差込栓構法による木造耐力壁とその固定方法を提供します。通常木製のパネルを作るには柱材にスリットを設けて合板等の面板を差し込む構造が多く、例えば木造家屋の柱に補強用の筋交いを入れるにしても金具とボルトナットを用いて締結する、或いはパネル構造であれば接着剤を使う等の工法が一般的ですが、これらはいずれも地震等の水平外力に弱く、接着剤はシックハウス症候群の原因となる等の欠点があります。
本技術のパネルはこれらの欠点を解決するため、長ほぞ差込栓をほぞ穴に打ち込んで込栓で固定する等、引張力に耐える構造を随所に取り入れてパネルを組み立て、更に土台や梁ともダボにより接合することで、剪断力に対する剛性が高まり、それを用いた建造物は非常に高い壁倍率が得られることができます。
また、二重落し込み板パネルを工場で大量生産しておき、木造建築現場に持ち込んで組み立てるため、大幅に工期を短縮できるメリットもあります。
キーワード:二重落し込み板パネル、長ホゾ差込栓構法、壁倍率、耐震性
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 土木・建築





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.