現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○耳温の測定による簡便な動物分娩監視装置

○耳温の測定による簡便な動物分娩監視装置

整理番号 1281 特許状況 特許取得
概要 動物から離れた場所で待機する者へ、動物の分娩開始時期を正確且つ確実に通知する簡便な分娩監視装置を提供します。人工授精させることが多い牛、馬、豚、羊等の家畜、又は妊婦の大凡の分娩日は予測できますが、正確な分娩日時を予測できないため、分娩予測日の数日前から、分娩開始を監視する必要があります。
従来、家畜の膣へ挿入する分娩兆候検出通信機がありますが、家畜母体や胎子を傷つけたり、通信機へ通じるリード線から病原菌が膣内感染する危険や、分娩時期以前に通信機が膣から抜け落ちて誤報する等の問題があります。
本技術は、小さな温度センサによる分娩動物の耳温、特に鼓膜温を測定することで、正確且つ確実に分娩予兆を通報できる装置です。母体や胎子を傷つけず、また、体外装置であるため、殺菌消毒する必要がなく、獣医師等の資格がなくても簡単に取り付けできます。
家畜、動物園等で飼育される展示動物、及びペット等各種動物の胎子監視、人間の分娩、また鳥類の産卵の監視に利用できます。
キーワード:家畜、動物、遠隔分娩監視装置、耳温測定、温度センサ
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 アグリ(農林)・水産・食品、センサ・計測・検査、その他





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.