現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○照射光の調整による花草の伸長制御

○照射光の調整による花草の伸長制御

整理番号 1280 特許状況 特許取得
概要 照射光の調整によって植物胚軸の徒長を防止し、移植後に倒れにくい丈夫な苗の育苗が可能な伸長制御方法を提供します。移植用の苗は、胚軸が高いと移植後倒れやすく、胚軸が短く徒長の抑えられた苗を得るには、従来は土壌や肥料に工夫を凝らし栄養成分を抑えて徒長を防止するのが一般的な方法でした。
本技術は、移植用の苗発芽後、抑制の必要な時期に緑色光を豊富に含み青色光と赤色光の少なくとも一方を制御して光合成用として若干量(必要量)含む光を照射することにより胚軸の伸長を抑制する方法で、これにより、胚軸の伸長を抑制し、高さの揃った、耐倒伏性に優れる移植用の苗を提供できます。
そばやレタスの苗の伸長をコントロールすることができます。
キーワード:胚軸の徒長防止、移植用苗、光照射、胚軸伸長抑制、耐倒伏性
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 アグリ(農林)・水産・食品





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.