現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○低温で容易に製造できるホウ素ドープ2層カーボンナノチューブ

○低温で容易に製造できるホウ素ドープ2層カーボンナノチューブ

整理番号 1258 特許状況 特許取得
概要 低温で容易に製造できるホウ素ドープ2層カーボンナノチューブの製造技術を提供します。ホウ素原子は電子アクセプターとして機能し、カーボンレイヤー間のπ電子の再配分を起こさせるため、フェルミレベルを減少させるので、ホウ素ドーピングはカーボンナノチューブの電子特性の制御技術として注目されています。
本技術は、2層カーボンナノチューブ(DWNT)とホウ素元素を混合し、混合物を不活性ガス雰囲気の加熱炉中で1400~1600℃の温度範囲で熱処理を行い、DWNTの六員環炭素原子をホウ素原子に置換するとともに隣接するDWNTを融合させて2層チューブ構造を得るものです。
2層カーボンナノチューブのサイズコントロール、形状コントロールを低温で行えることから、容易に製造でき、種々の用途に用いることができます。
キーワード:2層カーボンナノチューブ(DWNT)、ホウ素ドープ、サイズコントロール、形状コントロール、低温製造
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 ナノテク関連(ナノカーボンほか)





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.