現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○半導体デバイスを用いた高感度DNAセンシング方法

○半導体デバイスを用いた高感度DNAセンシング方法

整理番号 1232 特許状況 特許公開
概要 遺伝子治療、テーラーメイド医療に応用可能な、電界効果型トランジスタを用いた高感度のDNAセンシング技術を提供します。近年、個々人のDNA情報を基に最適な医薬品や治療法を選ぶテーラーメイド医療を中心としたDNA検査が実現しつつあります。従来から、DNAセンシングにおいては各種の検討・改良が行われてきましたが、オンチップ化、微小化、集積化といった要求を満たす上で、また、一塩基多型等を検出する上で、最大限の効果を引き出すには更なる改良が必要です。
本技術は、半導体上に反応ゲート絶縁部としてシリコン酸化物又は無機酸化物を含む絶縁層が形成された電界効果型トランジスタの絶縁層の上に、ターゲットDNAをハイブリダイゼーション反応させ、この反応によるプローブDNAの負電荷の変化で生じる絶縁層の表面電位変化を検出するDNAセンシング方法です。
本法によれば、オンチップでの高感度のDNAセンシングとして効果的で、完全相補配列を有するDNA及び一塩基多型等のミスマッチ配列のDNAの解析を、高感度、高精度で実施することができます。
キーワード:遺伝子治療、テーラーメイド医療、半導体デバイス、電界効果型トランジスタ、DNAセンシング、一塩基多型
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 バイオ・医薬





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.