現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○高速乗算剰余演算技術

○高速乗算剰余演算技術

整理番号 1214 特許状況 特許取得
概要 電子商取引の拡大に伴い高い秘匿性が要求される公開鍵暗号方式において、暗号化及び復号化のために実行される乗算剰余演算を効率よく行う技術を提供します。
近年のBtoB、BtoC等の電子商取引の拡大に伴い高い秘匿性が要求される現在の公開鍵暗号方式では、べき乗剰余演算のC、M、N、dに1024ビットの数値を用いたRSA暗号が広く利用されています。
しかしながら暗号化及び復号化に膨大な量の乗算剰余演算を実行する必要があり、処理時間が長く、回路規模を増大させることが問題となっています。
本技術は、従来の斯かる問題点を解決するもので、加算器の処理ビット長をビット数qの値に反比例して短縮することにより、乗算剰余演算に要する演算時間を短縮すると共に、回路規模の大幅な削減を可能とするものです。
本技術により、携帯電話機、PDA、パーソナルコンピュータやサーバ装置等の近年の情報処理装置の普及に伴って高まるニーズ(処理性能が高く、且つ低コスト)に応えることができるLSI製品が実現可能となります。
キーワード:公開鍵、暗号化、復号化、べき乗剰余演算
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 IT・通信・ソフトウェア





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.