現在地 :  ホーム > シーズを探す > 資源・環境・エネルギー > ○廃棄ガラス繊維強化プラスチックを再利用した高強度多孔質セラミックスの開発

○廃棄ガラス繊維強化プラスチックを再利用した高強度多孔質セラミックスの開発

整理番号 1079 特許状況 特許取得
概要 廃棄ガラス繊維強化プラスチックを再利用した軽量且つ強度の高い多孔質セラミックの製造技術法を提供します。 現在,廃棄ガラス繊維強化プラスチックはほとんどが埋立て処分されており,環境汚染の原因となっており、その有効活用が強く求められています。
本技術は、斯かる問題を解決するもので、粘土に粉砕した廃棄ガラス繊維強化プラスチックを混合して焼成することによりプラスチック母体を分解し,残留するガラス繊維により強化された多孔質セラミックスを製造するものです。
本技術により、従来有効活用が困難であった廃棄ガラスプラスチックの再利用ができると共に、軽量で高吸水性及び高強度の特性を持つセラミックスが作製可能であり、また安価な粘土の使用で,一般的なタイルと同等以上の強度が得られ、材料費が非常に安価という利点もあります。
河川堤防用のタイルや保水性インターロッキングブロック、屋上緑化用基板等の用途として利用可能です。

キーワード:廃棄ガラス繊維強化プラスチック、再利用、多孔質セラミック、保水性インターロッキングブロック、屋上緑化用基板
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 資源・環境・エネルギー、土木・建築、無機材料(セラミクス・金属ほか)





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.