現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○観察者に優しい立体視コンテンツの制作支援技術

○観察者に優しい立体視コンテンツの制作支援技術

整理番号 1205 特許状況 特許公開
概要 観察者の安全性や快適性、制作者の利便性に配慮した立体視コンテンツの制作を支援する技術を提供します。
従来の関連技術では、立体映像を観察中の視覚的負担や、コンテンツ制作の困難さ等が、立体映像の普及に伴う主な阻害要因とされ、立体視コンテンツの制作者の意図、或いは観察者の快適性のいずれかに重点が置かれていました。
本技術は、人間工学的な手法により、視聴者の眼の焦点深度に着目し、立体映像を調整・再生するため、それらの両立を支援できる有用性を有します。
立体映像のコンテンツ制作者の使用する立体映像開発ツール、立体映像の観察者の使用する立体映像チューナ、立体映像の配信者や放送事業者の使用する立体映像提供システム等に利用できます。
キーワード:観察者、快適性、利便性、立体視コンテンツ、人間工学的手法
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 IT・通信・ソフトウェア





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.