現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○養液中に塩類が高濃度に含まれていても、成育阻害を受けにくい植物栽培法および栽培装置

○養液中に塩類が高濃度に含まれていても、成育阻害を受けにくい植物栽培法および栽培装置

整理番号 1128 特許状況 特許取得
概要 養液栽培において、植物の根の一部が空気中にあっても成長に必要な水分、栄養素、酸素等を吸収可能な栽培方法及び栽培装置を提供します。養液栽培は、土壌という緩衝能の大きな培地を用いないため、養液の塩類濃度、pH、温度変化の影響を直接的に受けやすい短所があり、特に、養液中塩類の濃度が高い場合には、その養液が植物の根全体に接するため、植物の成育阻害が発生します。
また、従来提案された植物の根の一部を空気中に置き、酸素を供給する養液栽培法は、根の表面が乾燥し、充分な吸水ができないという問題がありました。
本技術は、新規な植物の根の一部をほぼ飽和水蒸気量の水分で満たされた空気中で栽培することを特徴とするものでその植物栽培法及びその栽培装置を開発しました。
植物の根の上部からは、空気中の水と酸素を吸収させることで栽培を可能とし、また、養液中に肥料塩やその他の塩類が高濃度に含まれる場合であっても、成育阻害を受けにくい植物栽培方法及び植物栽培装置技術です。
キーワード:養液栽培、栽培装置、成育阻害
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 アグリ(農林)・水産・食品、その他





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.