現在地 :  ホーム > シーズを探す > 医療デバイス・医療機器 > ○骨折治療用のゆるみ防止ネジ

○骨折治療用のゆるみ防止ネジ

整理番号 1151 特許状況 特許公開
概要 骨折治療におけるテンションバンドワイヤと骨内挿入固定用ピンとを接合させ、骨内挿入固定用ピンが施術箇所から抜け出るのを防止する器具及び結合具を提供します。テンションバンドワイヤリング法は、昔から骨折手術に広く用いられてきましたが、関節部位を動かす等によって、ワイヤや固定用ピンと骨髄との接触力が弱まって次第に抜け出る(バックアウト)現象が生じてしまい、再手術が必要となる場合があります。本技術のバックアウト防止ネジによれば、ワイヤと固定用ピンが結合されて一体となり、ワイヤは骨に固定されていることから、同時に固定用ピンも固定され、バックアウト現象を防止することができます。この結果、ワイヤがたわむことがなくなり、各骨片の接合面が接触することなく、元の形を保つことができます。整形外科分野におけるテンションバンドワイヤリング法を用いる手術全てに適用できます。
キーワード:骨折治療、テンションバンドワイヤ、バックアウト
注)テンションバンドワイヤリング:ある種の骨折等の治療法として、ワイヤーを使って骨を密着、固定させる方法です。
1151
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 医療デバイス・医療機器





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.