現在地 :  ホーム > シーズを探す > 医療デバイス・医療機器 > ○平面診断画像の三次元的な理解を促進するための生体断層シミュレーター

○平面診断画像の三次元的な理解を促進するための生体断層シミュレーター

整理番号 1150 特許状況 特許公開
概要 画像診断における二次元の診断画像(平面像)を三次元的に容易に理解するための方法及び装置を提供します。医療分野における手術計画立案や教育においては、複雑な立体構造を有する臓器や器官を三次元的に理解することが必要ですが、経験を積んだ臨床医でなければ、超音波診断等における臓器等の断面画像の位置情報を立体的にイメージしなおして直感的に認識することは困難です。
本発明は既存の3Dレーザー技術により、透明なブロック内部に3Dクリスタルの立体像(臓器・器官等)を描出し、そこに平面レーザー光を照射するだけで、立体模型での超音波診断画像が得られます。更に、模型から得られる平面像の形態、照射位置、方向が超音波照射の場合と全く同一に対応するため、立体画像との位置関係を容易且つ簡便に把握することができます。超音波検査画像と立体構造との関係の理解に利用できることから、医療教育、患者への診断説明に有用なものです。
キーワード:3Dクリスタル、生体断層シミュレーター、二次元の診断画像、三次元位置情報、3Dレーザー技術
注)3Dクリスタル:クリスタルガラスの中に濃淡付きの写真やイラスト、文字を表現したものを2Dクリスタルと呼び、立体的に建物や乗り物、人物やオブジェなどを表現したものを3Dクリスタルと呼ぶ。
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 医療デバイス・医療機器





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.