現在地 :  ホーム > シーズを探す > 医療デバイス・医療機器 > ○腱移植・再生手術に用いる、腱切除・腱誘導器具

○腱移植・再生手術に用いる、腱切除・腱誘導器具

整理番号 1136 特許状況 特許公開
概要 怪我や事故で断裂した膝前十字靱帯の再建術において、元の接合部位へ容易(鳶足部)に接合できる移植用腱(半腱様筋、薄筋)を採取する医療器具、及び移植後の腱の再生作業を容易にする新規な技術を開発しました。
本技術による器具は、
1)腱カッター、
2)ガイドチューブ、
3)把持部と
4)誘導針から構成されています。
即ち、従来の再建用腱採取器の内管に、糸通し用のガイド装置を設けて腱切除時に腱の末端を糸で固定し、ガイド装置を通して糸をガイド装置に通し、引っ張ることで、腱の移植部位に腱を接合(接着)させる最適位置に腱末端を誘導することを可能としました。 従来の腱移植・再生手術においては治療・再生後においても、再生腱は適切な位置で接合しないことから元の状態(運動能力等)の回復は望めませんでしたが、本技術を用いることで、正常な部位で腱の再生が可能となり、この結果、腱が断裂前の健常な状態へと回復することが出来るようになりました。
キーワード:膝前十字靱帯、腱移植、腱再生、誘導器具
注)膝前十字靱帯:膝の関節の中にあり、運動するとき膝を安定させる役目をはたします。サッカー、バスケットなどのプレー中に「転倒」「方向転換」「着地」などでひざを強く捻ると、膝が外れて損傷することが多い。損傷はエックス線撮影では判別しにくく、専門医が手で触って治療方針を立てるため正確な症状を把握するためにはMRI(磁気共鳴画像装置)検査を行う必要があります。
1136
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 医療デバイス・医療機器





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.