現在地 :  ホーム > シーズを探す > 機械・プラント・生産ライン > ○第1の物体と第2の物体を切り離し可能な切離機構として有用な、小型軽量で且つ簡便な機構の溶断装置

○第1の物体と第2の物体を切り離し可能な切離機構として有用な、小型軽量で且つ簡便な機構の溶断装置

整理番号 2641 特許状況 特許取得
概要 第1の物体と第2の物体を切り離し可能な切離機構として有用な、小型軽量で且つ簡便な機構の溶断装置を提供します。従来、連結装置で連結された浮力体と錘を、切離機構によって浮力体と錘との連結を解除する固定解放装置が知られています。切離機構としては、浮力体と錘とを連結するケーブルを切断刃によって切断するための動力を火薬の爆発を利用する火薬方式や浮力体と錘とを連結する金属板(例えば、ステンレス板)または金属線を強制的に電蝕させて切断する電蝕方式等の方法がありますが、構造が複雑で大掛かりとなり機構の重量が重く、また、容積も大きくなるという問題や、金属板または金属線を強制的に電蝕させて切断するまでに数分から十数分の時間を要する問題がありました。
本技術は、これらの問題を解決したもので、浮力体と錘とを確実に固定し、且つ、容易に固定状態を解放状態にすることが可能な固定解放装置です。また、浮力体の頂部に他の部品の設置スペースを確保することが可能で、且つ長期間、水中海底に設置しておいても動作可能なものです。
キーワード:固定解放装置、溶断装置
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 機械・プラント・生産ライン





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.