現在地 :  ホーム > シーズを探す > 機械・プラント・生産ライン > ○高価な装置を用いることなく、高い生産性でカーボンナノチューブを製造することのできる製造方法

○高価な装置を用いることなく、高い生産性でカーボンナノチューブを製造することのできる製造方法

整理番号 2590 特許状況 特許公開
概要 高価なCVD装置を必要とせず、装置の大型化も容易で且つ安価に実現できるカーボンナノチューブの製造方法、及びその製造方法により得られたカーボンナノチューブを提供します。カーボンナノチューブは、熱伝導性、電気伝導性、機械的強度等で従来の物質にない優れた特性を持つことから、次世代半導体としての電子材料、水素等のガス貯蔵材料、複合樹脂材料等幅広い分野への応用が期待されています。
カーボンナノチューブの合成方法の1つに化学的気相成長(CVD)法がありますが、これには高価なCVD装置が必要であるとともに、少量の原料の炭素しか触媒(ニッケル微粒子)に供給できないなど、生産性が低い問題があります。
本技術の製造方法は、不活性ガス雰囲気とした反応容器内に固形状の炭素含有原料とナノサイズの触媒粒子とを収容した状態で、反応容器内を加熱して炭素含有原料を熱分解させることによりカーボンナノチューブを生成することを特徴とするもので、高い生産性を有しています。
キーワード:カーボンナノチューブ製造方法、化学的気相成長(CVD)法
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 機械・プラント・生産ライン、ナノテク関連(ナノカーボンほか)





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.