現在地 :  ホーム > シーズを探す > 無機材料(セラミクス・金属ほか) > ○無電解めっきだけの1段階のめっきで、摩擦・摩耗特性の向上したポリアセタールを主材とする複合材、およびその製造方法

○無電解めっきだけの1段階のめっきで、摩擦・摩耗特性の向上したポリアセタールを主材とする複合材、およびその製造方法

整理番号 2575 特許状況 特許公開
概要 無電解めっきだけの1段階のめっきで、低コストで、摩擦・摩耗特性の向上したポリアセタールを主材とする複合材を製造する方法を提供します。ポリアセタールは極めて優れた機械特性を有するエンジニアリングプラスチックで、プリンタギア等の摺動部品等、金属部品の代替材料として広く利用されていますが、摺動部品等に利用する場合には、摩擦・摩耗特性のさらなる向上が求められています。
この摩耗・摩擦特性を向上させる方法として、ポリアセタール樹脂成形物の表面に金属めっき皮膜を形成する方法が提案されていますが、この方法では、2段階に亘る電解めっき処理が必要となり、コストが増大する課題があります。
本技術は、粗面化処理したポリアセタール樹脂成形物上に、カーボンナノチューブを含む無電解めっき皮膜が形成することを特徴とします。摺動性に優れるカーボンナノチューブの一部が無電解めっき皮膜表面から露出することで摩擦特性が向上し、無電解めっきが無電解Ni-P-W合金めっきであることにより耐摩耗性を向上できます。
キーワード:ポリアセタール、摩擦・摩耗特性、無電解めっき皮膜
注)粗面化処理:溶射皮膜の密着性を向上させるために素地に不規則な凸凹を付ける前処理方法のことです。
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 機械・プラント・生産ライン、ナノテク関連(ナノカーボンほか)、無機材料(セラミクス・金属ほか)





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.