現在地 :  ホーム > シーズを探す > 全て > ○フラッピングやフェザリングの角度を自由に変更できる、羽ばたき運動を行う小型の無人飛翔体(UAV)

○フラッピングやフェザリングの角度を自由に変更できる、羽ばたき運動を行う小型の無人飛翔体(UAV)

整理番号 2460 特許状況 特許公開
概要 近年、災害現場の偵察等、陸上の車両でアクセスできない環境の遠隔監視を目的とした小型の無人飛翔体(UAV)の研究開発が盛んに行われています。中でも、静止飛行や急旋回等、高い機動能力を有する究極の無人飛翔体の姿として実現に大きな期待が寄せられ、ここでは昆虫や鳥のような羽ばたき状態を得ることのできる羽ばたき運動を行う小型の無人飛翔体を提供します。羽ばたき運動には、翼を上下に動かすフラッピング運動と、翼を傾けるフェザリング運動が必要になります。
本技術による羽ばたき運動を行う小型の無人飛翔体は、翼部材の内部にその部材を変位させるための機構を設ける必要がなく、また、一つの駆動手段を分配するためのクランク機構等の複雑な機構が不要なため、装置全体の小型化及び軽量化を実現することができます。しかも、前方動力伝達手段と後方動力伝達手段による動力の伝達をそれぞれ独立して制御することで、フラッピング運動とフェザリング運動を行うことができ、希望する数多くの態様のフラッピング運動やフェザリング運動を簡単に行うことができます。
キーワード:無人飛翔体、羽ばたき運動、フラッピング運動、フェザリング運動
注)
1)UAV:無人航空機(Unmanned aerial vehicle)や飛行ドローン(Drone)は、人が搭乗していない航空機のことで、無人機の1種です。全幅30メートルを越える大型から手の上に乗る小型までの様々な大きさのものがあり、固定翼機と回転翼機の両方で軍用・民間用いずれも実用化されています。操縦は基本的には無線操縦で、機影を目視で見ながら操縦するものから衛星回線を利用して地球の裏側からでも制御可能なものまで多様です。
2)フラッピング運動:鳥が、翼を上下に動かす運動をフラッピング運動といいます。
3)フェザリング運動:鳥が、翼を傾ける運動をフェザリング運動といいます。
目的 共同研究、ライセンス契約を希望します。
分野 ロボット





お探しのシーズが見当たらない場合には、下の各種お問合せボタンからご連絡ください。
また、シーズ掲載を希望される場合は、フォームに「シーズ掲載希望」とご記入ください。
COPYRIGHT(C) 2016 NOMURA SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.